百音の占いホームページ

ニュース


運気が悪くなったと感じたら・・・2017年05月05日

吉方位で引っ越していても運気が悪くなったと感じたら、宿命の地図を調べてみる。


吉方位に引っ越せば通常より運は上がります。しかしそれにプラス、運を下げる力が働けば、運は上がる一方で、下がるようなことも同じくおこりやすくなります。

というのは、その土地、その場所での運気【宿命的な運気、宿命の地図】の影響もその土地にいればいるほど、人生に影響してくるからです。


たとえば、私がパリに引っ越した作用をあげてみます。

パリの方位は北西。出てくる吉方位の作用はザ・仕事運!吉作用は主に、出世したり、事業運が良くなる,発展する 上司に引き上げられる 仕事が忙しくなるなどです。

しかし、北西の吉方位旅行に行ったお客様にきいてみると、吉方位の作用を感じない。どんどん忙しくなった。さらに重いタスクを強いられる。などの不平不満が多いのです。しかし、1年後には、自分の会社がより大きくなったり、さらに大きいことを任されたり、さらに飛躍したり、グレードアップしている方がおおいです。西や東南のように、すぐに結果が出て、楽しい!

恋愛的メリットなどはあまり期待できない方位で、吉方位でも、こちらは、剣を作るように、熱してたたかれるという少々厳しい方位なのかもしれません。

そこに加えて、遅かれ早かれ、私の感じるところでは、宿命の地図の影響も出てきます。


私のパリの宿命は3つの惑星が強烈に影響してきます。

1)ビーナスの影響・ 結婚相手を惹きつける 美形を惹きつける 大変幸せな場所 おいしいものを食べる 人気者になる

2)マースの影響・ 他人の反感を買う 不快な場所 性的魅力を振りまく場所 健康は低迷 怒りが爆発しやすい 人間関係は短命 失望しやすい周囲から敵意を感じる 医学的な切除

3)ウラナスの影響・ 親密な関係を作れない 恋愛関係は長続きしない カリスマ性が高まる 新しいものと出会う 喪失感 他人から遠ざけられる


ということで、楽しいことがたくさん起こり、すぐに美しくてやさしい恋人ができますが(ビーナスの影響)何ヵ月かで暗雲が垂れ込め、(マース、ウラナスの影響)。ちゃんとしたまともな住む場所は決まらず、半年間4回も住処を変えるはめになりました。(ウラナスの影響)ストレスのせいか、下腹部が痛み、病院に行くと、がんの可能性があり、検査を進められ日本に帰ってきて再び検査しました。がんではなくポリープだったのですが、外科的に切除することになりました。(マースの影響)

しかし今思うとビーナスの影響からか、男性に声をかけられることが多くあり結構モテていました。(ビーナスの影響) ビーナスだけだったら、パリに長居していたでしょうね。笑

しかし、マースとウラナスの作る現実がつらい。。。。!

やはり引っ越しはトータルで見た方が良いということを実感したパリ生活でした